野球チームで鍛える
幼稚園に入るといろいろなものを準備しないといけません。その時に便利なのがミシン。ぬいもののもできるし、名前も縫えます。でも、あまり使ったことのない人には、結構選ぶのが難しいのがミシンです。ミシンを選ぶ際のポイントを纏めてみました。


◆刺繍用ミシン

名前を縫うなら刺繍用ミシンを買わないといけません。価格は7万円から15万円まで幅広い。コンピュータとつないでデザインをダウンロード出来る機種になると、もっと高くなります。


◆文字を縫う

複雑な刺繍はいらんけど、名前だけは簡単に縫い込みたいという場合、ブラザーのPC8000(5万円くらい)という機種があります。名前を縫う場合、刺繍用ミシンを買うか、ステッチ(縫い方)でアルファベットとかひらがなカタカナを縫い込んでしまうものです。刺繍として文字を縫うのではなく、縫い目として文字を作ってしまうというものです。きれいさを追求しないのであれば、手軽ではあります。
ただ、PC8000という機種でも、あまり安くはないので、刺繍機能付きを買った方がやすいかもしれません。刺繍用ミシンで、文字縫いもできる機種にブラザーのイノヴィスCR1000という機種あります。


◆自動糸調子

厚物、薄物を縫う際に糸の圧力が違うらしいのですが、それを調整してくれる機能です。


◆コンピュータミシンか電子ミシンか

制御の方法が、コンピュータかそうでないかの違いで、より複雑な動きをするのがコンピュータミシン。でも使う側にとっては、コンピュータミシンの方が縫い方の種類が豊富という様な認識程度でいいと思います。
自動糸調子は電子ミシンにはなく、コンピュータミシンにしか普通ありません。素人は、コンピュータミシンを選ぶ様にしましょう。



MENU




トップページに戻る